2012年12月1日土曜日

Mbox オリジナル 復活!

digidesign社(現在Avid社)のUSBオーディオ・インターフェース「Mbox オリジナル」。
すでにメーカーのサポートは終わり、Mac OSX用のドライバー・アップデートも終わり、認識されないただの箱になっていました。

が、なんと、Mac OS X 10.6(Snow Leopald)ばかりではなく、現在、最新のOS X 10.8(Mountain Lion)でも使用する事ができました!
やった〜。


「Standalone Digidesign CoreAudio Drivers v7.4.2 for Leopard」初代Mbox(オリジナル)を活かせる最後のドライバ http://t.co/LFTka1FX

  1. 上記のドライバをインストールします。
  2. Mboxを接続します。
  3. 「Digi CoreAudio Manager」を起動すると、ほらこの通り!


しかし!
GarageBandで使用したところ「MIDIタイムアウト」というエラーが出まくってアウト!

でも、ここが参考になりました。

Machintosh HD>ライブラリ>Audio>MIDI Driversの中の
Digidesign~が頭についているファイルを削除します。





これで無事にGarageBandでMboxオリジナルを使えます。

捨てずにすんだ。買わずにすんだ。めでたし!



0 件のコメント: