2012年11月29日木曜日

『独立国家のつくりかた』から学ぶ世の中の見つめ方



この本(彼)に出会ってしまった。

「レイヤー」という概念。
「変える」のではなく「拡張する」こと。

映画『マトリックス』に出てくるバーチャル(架空)の世界は
実は、ひとつのレイヤーとして現存している。

それは、人々の無意識が生み出している。
それを消失する事は出来ない。

解像度の高い意識で世界を見つめ
「考え」て
「行動」して
「答え」を出す

「態度経済」というあたらしい経済の姿
(態度…という言葉はいけてないがその通りだ)

起動しなくちゃ…

ということで、ブログ再開して
文書作成のリハビリでござんす。

これ、ピンと来た方、是非読んでもらいたい。
面白い〜

『独立国家のつくりかた』


現政府に文句があるなら、勝手につくっちゃえばいい! 東日本大震災後に熊本に新政府を設立し、初代内閣総理大臣に就任した男が明かす、いまを生きのびるための技術とは? 何も壊す必要などない。ただ、あらゆる常識を根底から疑い、歩きかたを変えてみる。視点を変えてみる。そして、思考しつづける。それだけで世界はまったく別の相貌を見せ始める。ここには希望しかない!

0 件のコメント: