2010年5月21日金曜日

こごみ=クサソテツの別名。特に若芽をいう。

家の裏には天然の畑があります。
そこでは「こごみ」「ふき」がニョキニョキと育っています。


「こごみを採って食べる」ということはしたことがありせんでしたの二人でしたが、今年はその味を知ってしまいました。


「味をしめた。」といえよう。
ほのかにアスパラガスの風味。
そしてモロヘイヤに似た(それよりはかなり弱い)とろみ。


軽く湯がいて、和えたり炒めたり。
ナオミちゃんのちらし寿司のトッピングやスパゲッティの具などにも。


いやぁ〜、すばらしい。

3 件のコメント:

hako さんのコメント...

いいね!素晴らしい!!こごみに含まれる栄養素は、カロテン、ビタミンB1、ナイアシン、パントテン酸などが 多く、特にカロテンの含有量は緑黄色野菜なみにあります。 カロテンは、必要量だけビタミンAに変化され、抗酸化作用、皮膚や粘膜を健康に維持する 働きがあるとされています。 また、ビタミンEやタンパク質を多く含む食品と一緒に摂取することで、カロテンの酸化を防ぎ、 体内で有効に活用されます。 ビタミンB1は不足すると脚気や浮腫、多発性神経炎や心臓肥大、ヴェルニッケ脳症といったものを 引き起こすことで知られています。 ナイアシンの欠乏症では、神経症状や胃腸病、皮膚病、口舌炎、ペラグラといったものがあります。 パントテン酸の不足では、成長の停止や副腎障害、抗体生産性の低下、足の焼けるような痛みといったものが 見られます。

フジワラトシカズ さんのコメント...

と、とにかく食べたらいいということだね!ね!ね!

hako さんのコメント...

そ、そ、そっ!