2010年6月6日日曜日

池田香代子さんのブログが好きだな



 日本の報道(新聞・テレビの大手メディア)があてにあらない現在、ネットのブログやツイッターなどで情報発信している個人メディアが大活躍しています。

 「情報の正確さ・信憑性」は注意しなければなりませんが、それはマスコミも同じこと。
金と権力と米国とのしがらみが無いだけ、個人メディアの方が信頼できますし、最近はずいぶんと精度が上がっているようです。フリーのジャーナリストたちの活動も盛んです。

 前政権時代には2チャンネルなどで情報コントロールするお仕事をしている「個人」もいたようですね。その発想自体が自らの「うさんくささ・やましさ」を表しているようですね。
あ、官房機密費もらっていた評論家なども暴露されましたね。
(いわゆる御用評論家ってやつですね。他にも御用科学者とかいろいろいるんでしょうね。)

 いかんいかん、ついつい愚痴っぽくなってしまう。

 で、そんななかでこの方の発する言葉や思いが好きなんです。
池田香代子さん。
『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス2001)の訳者で有名ですね。ドイツ語が専門のようです。

 香代子さんのチョイスする情報と、彼女の想いや願い、そのバランス感覚と方向性が好きなんです。そしてとっても人間味溢れているところがいい♪

 是非、RSSしてチェックしてください。


追伸:ついつい自分の耳に気持ちよく響く情報ばかり集めてしまうのがネットでの注意点ですね。バランスバランス〜(^_-)

0 件のコメント: