2011年6月7日火曜日

イワテケン・ミヤコシ02

バウさんの代理で『三陸鉄道復旧支援プロジェクト』の提案をしに岩手県宮古市に向かうことになりました。


三陸鉄道…ご存じですか?
ボクは全く知りませんでした。


その頃のボクはというと...


**************************************************


3.11の震災が起こった直後、近くの友人はすぐさま現地へと向かった。
自分も何かしたくて溜まらなかった。
しかし、何ができるかわからない。
そして、やらねばならぬ仕事がしっかりと出口をふさいでいた。
物資を積み込んだ友人の車


自分が行って何ができるのか、自信はなかった。
でも、行って見たかった。
自分のこの目で見たかった。
正直、「冒険に血が騒ぐ」ような、そんな気持ちもあった。


この超非常事態に、現地に行けない自分。
心の中にコンプレックスが広がった。
「行けないのか? 行かないのか?」
「今は、あそこに行って、なすべきことがあるのではいのか?」


そんな心模様を押し抱いて、パソコンに向かっていた。
『ふるさと義援金』のサイト製作を担当していたから。


そのうちに、まわりの友人が1人、また1人と現地に向かっていった。


その頃はまだ『ふるさと義援金』が上手く行くかどうかまったく予見できない状態だった。
どの市町村も「ふるさと寄付金制度」を真剣に活用してはいなかった。
だから、振り込み先も、使用目的についても、どれもバラバラでなおざりな感じ。
「無理じゃないのこれ?」という思いを押し殺して、とにかく作業を進めた。
被災地のことを全く知らないボク。
その乏しい想像力で一所懸命パソコンに向かった。


でも、やっぱり「現場」に憧れた。
「憧れ」? そりゃ変だろう! 不謹慎だ!
…でも、誰かの命のために身体を張って何かしたかった。
そう思うと身体がうずいた。


そして、自分の中にある「無理」と書かれたあきらめの壁に気づいてきました。


この「コンプレックス」は、宮古市に行くまで続くのでした。


その頃に作った「節電ポスター」


『ふるさと義援金』『三陸鉄道復旧支援プロジェクト』
 への協力に関しては下記のサイトをご覧下さい。




OPEN JAPAN

1 件のコメント:

み。 さんのコメント...

お元気ですかい?
支援ありがとう~!

オイラもこっちで、避難してきた方達を
「うけいれ」てるぜぃ!