2010年2月7日日曜日

ものすごいかぜ


昨晩からゴーゴーと吹くものすごい風。
家の前も道路もなんもかんも雪に覆われてしまいました。


申し込んでおいた絵本作家:村上康成さんの講演会。
車で向かうのは不可能。
だって国道までの道が埋まっているんです!
(その壮絶な模様は『わっか』のブログ参照)

木名瀬家は国道まで歩いて行き、友人の車に拾ってもらうとのこと。
「!」便乗しようかと思いましたが...

「クラちゃんの車は軽自動車...
 クラちゃん+木名瀬家=満席...」

ということで、ボクは昼過ぎに来る除雪車が道を開けてくれるのを待って、オーロラ幸子号(自家用車)で向かうことに。
でも、除雪車が来たのは3時過ぎでした。
残念。
またいつか!


話はがらっと変わりますが
「プラトンの洞窟」という話をはじめて知りました。

図にしてみるとこんな感じ。



「洞窟の壁に映った影だけを見せられて生かされている人たち」

 彼らはの世界は「洞窟に写る影」だけなのです。

 なんだか今の世の中に似てません?

 テレビやコンピュータを思い浮かべる人もいるかもしれません。
 新聞やテレビの報道を思う人もいるかもしれません。

 映画『マトリックス』のようでもありますね。

 外は静かになりました。
 明日は雪かきだ〜!
 でも、こちらの雪は軽いのが救いです。

ではでは。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私も北見に住んでいた時に
-20℃とかそれ以上を体
感しました。

しかし確実に春が近づいて
いる事も、自然の中に見つ
けられるから不思議。

風邪も治ったようでいかっ
た、いかった!

お久しぶりの み。