2010年1月7日木曜日

あらためて

弟子屈からご挨拶。
2010もよろしくお願いいたします!



さてさて、帰省前日に北海道は大荒れの天気となり、1日順延となったUターンです。
お陰様で天気は最高!
がんばって起きて7時に北広島を出発。
進行方向から昇ってくるお日様にワクワク!



道路は、とても走りやすい状態でした。

山の木々に降り積もった純白の雪が美しい。
白く着飾った遠くの山々が、青空に光り輝いて美しい。


そして、またやってしまいました。
札幌へ帰省の時も3回も道を間違えて、避けていた「日勝峠」を越えることになりました。
今度はしっかりルートを確認して出かけたのですが、直前で道を間違えて、気がつくと日勝峠のお膝元...

頭上を見上げると、巨大な鳳凰のような雲が太陽を包み込んで日勝峠の向こうへと飛んで行きます。

これも何かの縁か理由があってのことでしょう。

腹をくくって進みました。




予想に反して、日勝峠の道路も快適に走れました。
そして、なによりもその風景の美しかったこと!
余裕があったら、車を降りて眺めていたい光景でした。
あ〜、美しかった。


そして、車は東へひた走ります。




で、足寄あたりからは、日没前に到着するため必死で走りました。
だから、写真は無し。

雪が降り始め、風が吹き、地吹雪が舞い上がり、ちょっと怖かったです。
しかし、オーロラ幸子号(サンバー)は気丈に走ってくれました。
夕暮れ時のほのかなピンク色を映す峠も美しかった。


そして、なんとか日没30十分前くらいに到着!
木名瀬家の雪かき隊員(詳細はこちら)たちのお陰で、家に入ることが出来ました。
ほんと助かりました。
あの時間から、あの(!)量の雪をかいていたら、行き倒れていたでしょう。家の前で。

で、とにかく薪ストーブに火を入れました。
台所の排水が凍っていた以外はとくに問題はありませんでした。
それも、ストーブで溶かして復旧しました。

ふ〜 よく走った。
結局、9時間くらいかかっちゃいましたね。

じゃあ、今日は、もう寝ますね。

※北海道の西から東へ1日で移動できるというのは、これはずいぶんと早いことだな〜と思うようになってきました。北海道はでかいのだ!

※途中の除雪作業のみなさん、ありがとうございました。

※おかあさん、いなり寿司パワーで乗り切りました!
 ありがとうございました。



1 件のコメント:

ま さんのコメント...

キレイな火で心もホッと。だね。
お餅とハンカチ忘れて行ったよ。