2009年11月11日水曜日

冬の...

朝起きたら、冬だった。
え〜!

お〜!
ひゃぁ〜!
※こっこちゃんの飲み水の中で溺死していたネズミくん。なむなむ...

この後、オーロラ幸子号のタイヤを換える。
スタッドレスは、溝がいっぱいあって嬉しい。車を見つけてくれた浅石さんありがとう!
わっかのガレージを借りての交換。助かりました。ありがとう!

一昨日読み終わった本。
これは、これも、すっごく良かった。読んで良かった。
イラク戦争から帰ってきた若い兵士たちが、淡々と出来事を語っていく。
戦場でのこと。
帰還してからのこと。
人種やジェンダーの差別のこと。
イラク人からのメッセージ。




読み進めるうちに、「戦争」というのっぺらぼうのおばけの顔が見えてきた気がしました。
ひどいよ。装備もない。薬もない。秩序もない。上官たちは自分らの体裁と昇進しか考えない。
若い兵士たちは、ひどい詐欺に騙された被害者でした。
貧しくて、お金欲しくて、リクルーターにお金で釣られて、戦地に行って。
※徴兵制が無くなって、米軍はリクルートにやっきになっている。強烈な格差社会の米国では、たくさんの貧しい人たちが作られている。働いても働いても食べていけない。そこにつけ込む。

毎日毎日、仲間と生き延びるのでせいいっぱいで。
大儀も脅威もまったく嘘で。
狂気の中で心を深く傷つけて帰り。
しかし、約束されたお金は支払われず。医療は受けられず。
酒と薬で正気を保ち。
職を失い。家族を失い。
ホームレスになり、自殺する。
※帰還兵たちのホームレスの数、自殺者の数はものすごいんだ!



きっと、戦争は無くなるよ。こんなの必要ない。
そう思った。
その大きな変化のキッカケとなる「冬の兵士」(夏よりもさらに勇気を問われる兵士のこと)たちの活動です。
是非、読んでみて。



そして、今日、沖縄の県民大会の情報を読みながら気がついた。
「基地をどこに置けばいい?」なんてこと考えてること自体が、おかしい。
無くせばいいんだ。

武器を持つことが、もう変なんだ。
基地があることが変なんだ。
軍隊なんて、もうすでに時代遅れだ。もうすぐ過去の遺物だ。
戦争なんて馬鹿馬鹿しさの極致だ。
いい大人が真剣に取り組むべきは、そういうことじゃないんじゃない?

必要なくするための努力こそすべきだ。
全力で! 
だって、人の命がかかっていることなんだから。

なんも反戦運動しなくていい。
心から「いらない」って思えばいいんだ。

そんなもの全部、必要のない時代がもうすぐ来る。
みんなが「結構です」って思えば無くなる。
その時代を、みんなで強烈にイメージしましょう。

浮いたお金(いままで戦争に使われていたお金)で、楽しいこといっぱいしましょう!
世界中のみんなと一緒に。

あ、ヨーコとジョンのメッセージを思い出しました。


Be Peace !

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

としちゃんの言うとおりダナ
基地は「要らねぇ」って言えば
いいだけなのに…
なして言わないのサ
やっぱり商売人がいるんダナ
戦車やジープや武器・弾薬…
売り買いしてる奴がいるんダナ
「No!」が言えないヤツラが
いるんダナ

み。

フジワラトシカズ さんのコメント...

「経済」が「生命」よりも大事だというのが実際だ...と思っている(とらわれている)人が多いと言うことだね。

「お金ってなにさ!?」というのも大事なことだね。

そこらへん全部が、子どもたちのしあわせに直結してるよね〜

全部。(^_-)